献立を考えるのが面倒なときは鍋かおでんに限る

今の季節は献立を考えるのさえ面倒なときに、たいがい鍋かおでん、シチューなどで誤魔化すことにしています。特にお鍋は野菜もたくさん食べられますし、体も温まるのと、時間がかからないのでとても頼りになる献立だと思います。保育園の献立を見ても「凄いな」と思うだけで、それを参考にして作ろうと思いません。それはたぶん、私がそんなに料理が得意ではないからだと思うんですけど。そんな献立を考えるのが面倒な私は、食材を配達してくれるサービスを利用しています。メニューを選べばあとは食材とレシピが届くので、子どもを連れて買い物へ行く手間が省けます。ついでに材料を余らせることもないので、なかなかいいと思います。多少割高ではありますけどね。実は実家の母も、平日は別の会社の食材を宅配してくれるサービスを利用しています。私たち家族は平日、母に夜ごはんを作ってもらっているのですが、母も「毎日の献立って面倒なのよね」と思っていたらしく、ありがたく利用しているようです。私が小さいときもこの手のサービスを利用していたので、忙しいお母さんにはおすすめのサービスだと思います。年末などの食材サービスがお休みのときは、自分の食べたいものを買ってきたりしているようです。私も祝日はそのサービスを利用していないので、そのときだけは、子どものリクエストに応じたりすることに決めました。もちろん、外食することもあります。このサービスを利用して、夜の外食が減ったのでトータルで考えると食費がかからなくなったと思います。外食するなら昼間ってことになるのです。